看護部長の求人募集

header
 
caution
看護部長の求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。

 

なぜなら、看護部長の良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。

 

そのため、看護部長の求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。

 

尚、こちらでは看護部長の条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。


rank01

第1位 ナース人材バンク

1-300

 

全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「看護部長で働きたい!」「看護部長の良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。

 

看護部長の条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。

 

→ 看護部長の求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 


rank01

第2位 ナースではたらこ

4-300

 

ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「看護部長の非公開求人」 が揃っています。

 

看護部長の求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。

 

→ 看護部長の求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

 


rank01

第3位 ナースフル
5-300

 

実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

 

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録して看護部長の求人を探したい人でも安心ですよ。

 

→ 看護部長求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ
登録料・紹介料もすべて無料です

 

 

caution
2つの転職サイトに登録するのがオススメ

 

むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ登録しておくと 看護部長の条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります

 

たとえば、「1位の転職サイトでは看護部長の求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。

 

その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。

 

→ 1番おすすめの転職サイトを見る

 

 

理想の看護部長とは?看護部長に必要な能力とは?

risou自分にとって
信頼できる看護部長
というのはどのような人でしょうか?

医療に関する知識が豊富で、
看護師として卓越している人でしょうか?

 

それとも人生経験が豊富で、
さまざまなアドバイスをしてくれる人でしょうか?

適材適所に人員配置を行い、
困っていることがあれば
それを改善してくれる人でしょうか?

 

多くの看護師は、これらのどれか、
ではなくすべてを兼ね備えている人が、
看護部長として信頼できそう。

そう思いませんか?

 

どれかが欠けていたとしても、
なんとなく看護部長としては
信頼感がないと思います。

つまり、看護部長として信頼される為には、
これらを兼ね備える必要があります。

 

もちろん看護部長になるためにはまず看護師免許があり、
ある程度主任や師長といった
管理職の経験を積んでいることも重要です。

少なくとも40代には
このような経験は積んでおきたいですよね。

 

実際に看護部長になることが出来るのは
だいたい50代に入ってからになります。

あまり若すぎる人は
人生経験という面では
まだ豊富とはいいがたいですよね。

 

ある程度年齢が高くなると
責任がある仕事はつらいのでは?

と思うかもしれませんが、
やりがいがあり充実感を得られる
役職でもあります。

 

マネジメント能力があり、
広い視野を持った人物であれば、
看護部長職は目指してもらいたい役職です。

看護師のキャリアでは頂点の看護部長とはどんな役職?

top看護部長職というのは、
看護師のキャリアとしては
頂点にある役職とも言えますよね。

病院にある病棟の看護師長を束ね、
さらに看護部に所属するすべての看護師のトップになる看護部長には、
さまざまな役割を求められます。

 

医療に関する経験と知識、
それに看護部をまとめることができる度量、
不測の事態などに柔軟に対応できる危機管理能力。

これらはもちろんですが、看護部を代表して、
看護部という組織を運営し、部下である看護師が
働きやすい環境を整えることも仕事になります。

 

そのために、看護師を教育し、
評価するということも重要な仕事になります。

ただ看護部の事だけを考えればいいというだけでは、
看護部長職は務まりません。

 

経営側の立場として、
看護部の方針などを決定して運営する。
ということも大切な仕事になります。

つまり、病院全体の中での看護部のあり方を考えることや、
方針を決定してそれを周知徹底させることも
看護部長の役割です。

 

経営側であもあり、看護部の代表として、
時には医療事故や医療ミスといった場合には、
患者さんへの対応を行わなければなりません。

 

さまざまな事に対応することが
出来る能力があることが、
看護部長という役職では必要です。

病院が求める看護部長の役職は、
かなりハードルも高いものでもあるんですよ。

求人サイトを利用するメリットとは?

kyujin看護部長の職というのは、
以外に病院の内部から昇進させていくといいよりは、
外部から迎える。

ということは多くなってきています。

 

看護部長というのは
看護部を掌握する管理職です。

内部からのたたき上げではなく、
外部から紹介してもらって招へいすることは
多くなります。

 

病院側としては紹介によって向い入れることは、
自分たちの経営方針に合っている人物を探しやすく、
また新しい考えを取り込むことが出来るためによく行う事です。

ですが、自ら看護部長として
働いてみたいという人にとっては、
紹介してもらうことはやや難しいと思います。

 

まず、自分が看護部長になりたい
と希望しているのであれば、
求人サイトを利用してみることをお勧めします。

求人サイトを利用するメリットには、
自分の希望を聞き、その条件に合っている職場を
担当者が紹介をしてくれるという点です。

 

看護部長になりたいと思っていることを相談することで、
担当者は看護部長として紹介するのにふさわしい人物かを
まずはチェックします。

これによって看護部長として自信をもって紹介できる
と判断されれば、
求人サイトは希望に沿った職場を紹介してくれます。

 

また、まだ看護部長として紹介するのは難しいと感じられた場合には、
この後のキャリアをどのように積めば
看護部長として働くことが出来るかなど教えてもらえますよ。

紹介してもらったら
独自で情報収集などをしてみることもおすすめです。

認定看護管理者って一体なに?どうして看護部長になるのに有利なの?

kanngokannri看護師の資格の中には、
認定看護師といった資格がありますよね。

この認定看護師は
日本看護協会が認定しているものです。

 

受験するためには、
看護師免許取得後5年以上の臨床経験が必要でです。

そんな認定看護師の資格の中でも、
看護部長職を狙うのであれば
取得しておきたいのが認定看護管理者の資格です。

 

この資格は看護師を指導し、
統率する能力や、管理職としての能力
などがあることが客観的に判断されるものです。

通常の認定看護師資格に比べると、
受験するための要件は難しくなりますが、
チャレンジしがいがある資格の一つなんですよ。

 

では、実際の要件は
どのようになっているのでしょうか。

まずは看護系の大学院で
看護管理を履修・習得することが必要です。

その上で看護師長以上の役職を
3年以上勤めている必要があります。

 

大学院にを行っていないという場合には、
3つのレベルの研修を受けることによって
大学院で看護管理を履修・習得したのと同じく
要件を満たすことが出来ますよ。

ただ、研修はそれぞれ150~180時間かかりますので、
履修・取得するのには時間がかかることは覚悟する必要があります。

 

職場によってはやはりこの期間職場を離れることになるために
理解してもらえないケースもあるようです。

この認定看護管理者の資格を取得すると、
客観的に看護部長となるだけの
能力があると判断できます。

 

看護部長職を狙うためには、
とても有利になる資格ですよ。

転職サイトを利用して看護部長職を手に入れよう

tensyokusaito管理職を募集しているという病院は
決して少なくはありませんが、
そのすべてが好条件での募集をしているとは限りません。

 

看護部長として働いてみたいから、
とりあえず応募してみた。

その結果、思っていたような仕事が出来ず、
さらに待遇面なども悪かった。
ということでは目も当てられませんよね。

 

できれば好条件の職場で働きたいと考えます。

そこで、自分にとって
好条件の職場を探すためにおススメしたいのが
看護師専門の転職サイトです。

 

実はこのようなサイトの場合、
自分がどのような仕事をしたくて、
どのような職場を探しているのか。

ということを担当者に相談をして
転職活動を進めていく事が出来るんです。

 

もちろん、転職サイトに登録をして
誰もが看護部長となれるわけではありません。

 

自分が看護部長として働くことが出来ることを
積極的にアピールし、担当者側も自信をもって
病院側に紹介することが出来る。

と思った人に対して、
転職サイトは求人を紹介することになります。

 

まずは転職サイトの担当者にアピールし、
自分が看護部長などの管理職にふさわしいのかを
判断してもらいましょう。

担当者側も、この人であればさらに厚待遇な職場を紹介できる。
と感じれば、より条件などが整った職場を紹介してくれますよ。

認定看護管理者の資格を取得して看護部長になろう

ninntei病院の看護部を統率する看護部長を
外部から招へいしようとする動きは
思いのほかあると言われています。

求人サイトなどをチェックしていると、
看護部長の求人はありますが、
その条件に付いてはやや分かり難いことが多いですよね。

 

看護部長を外部から向かいいれるために
病院側が考えている条件とは
どのようなものがあると思いますか?

まず一つは看護師として
プロフェッショナルである客観的な資格です。

 

看護師が取得する資格の中には数種類の物がありますが、
中でも認定看護管理者という資格は
看護部長という役職に就くためには取得しておきたい資格になります。

 

認定看護管理者は
看護部全体の管理を行うための知識を
得ていることを認める資格です。

この資格があれば、
看護部長として働くことが出来ると
客観的に分かりやすくなりますよ。

 

 

看護部長となる人はやはり臨床経験も多く、
技術力も高い人物であり、
さらには人柄なども良い人。

この辺りは絶対条件としてあります。

 

ただ、客観的にそれらを
判断する事というのは難しいですよね。

 

看護師たちから慕われ、
さらに病院の経営側としても看護師を管理する能力がなければ、
看護部長は務まりません。

 

だからとって、
このような能力があるのかどうかを
看護部長の職に就いてから判断する。

というのは採用する病院側としては
避けたいですよね。

 

そのため、認定看護管理者の資格を取得しておき、
客観的に看護部長として採用できそうだ。

と病院側に分かってもらうことは、
看護部長職には就きやすくなりますよね。

看護部長に必要なこととはどんなこと?

hituyou看護部長を務めるにあたり、
大切なことがいくつかあります。

 

とくに看護部長を探している病院側は、
この大切な条件が満たされている人を採用する。

とも言われていますので、
この点はチェックしておきたいですよね。

 

まずはマネジメント能力です。

看護部長は看護部を取り仕切る
要となるポジションになりますので、
部下をしっかりとまとめる必要があります。

 

いくら優秀な看護師であっても、
部下を統率したことがない人は、
やはりマネジメント能力に関しては未知ですよね。

看護師としてスペシャリストであることよりも、
実は部下を掌握してしっかりとマネジメントできる。
ということが看護部長にとっては必要な能力の一つなんです。

 

部下を掌握できれば、
看護経験が少なくその知識や技術に問題があったとしても
看護部長になることができるのか。

というと、決してそのようなことはありません。

 

やはり卓越した知識や技術も必要になります。

 

看護部長は看護部の代表で、
部下がどのような仕事をしているのかを
チェックする必要もあります。

経営サイドの人間として
このようなことは重要です。

 

チェックをするためには、
やはり看護の知識や技術が
しっかりと備わっていることは重要になります。

看護師側から見ても、
経験や知識がない部長とは
信頼関係は築きにくいですよね。

 

つまり、看護師としても優秀であり、
卓越した知識、技術を持ちながらも、
マネジメント能力がある人物

このような人を
病院側は看護部長として
向かいいれたいと考えているんですよ。

看護部長に求められることはどのようなこと?

motomerareru看護部長と言えば
病院の看護部を束ねる
かなめともなる人物になりますよね。

病院側が看護部長の求人を行う時には、
看護部全体をまとめ上げるだけの力量がある人物であること
を条件にしていることはよくあります。

 

ただ優しいだけでは
看護部をまとめることはできません。

時には厳しく指導するということも
必要になる可能性はあります。

 

多くの看護師から慕われるためには、
コミュニケーション能力にも長けている
必要がありますよね。

看護部長は看護師だけではなく、
医師や患者さんとも
積極的にコミュニケーションを図る必要もありますよね。

 

円滑な看護部運営のためには、
このコミュニケーション能力は重要になります。

 

看護部長になる人物は
看護師としての経験ももちろん必要になります。

基礎がしっかりとできている人でなければ、
専門職でもある看護師を束ねることは難しくなります。

 

でも、看護経験、看護師としての
卓越したスキルだけでは、
看護師をまとめることは難しいと言えます。

今までの経験があり、
さらに向上心を持って日々勉強をすることが
出来るような人物が望まれます。

 

将来的に看護部長を目指したいという人は、
今の知識や技術に満足せず、
常に向上心を持つということが大切ですよね。

看護部長の転職先はどうやって見つける?

看護部長って転職でなれるの?

poiuhjn
 

看護師長などといて働いてきて、
そろそろもう少し上の役職で働きたい。
看護部長として働きたい。

このような希望を持っている人もいますよね。

 

また、今の病院ではある程度すでに枠組ができていて、
自分らしい看護部の育成を他の病院で行ってみたい。
こんな風に思っている現役の看護部長もいます。

でも、看護部長のポストは通常看護師長などから
選ばれて管理職となっていくというイメージ
があり、
外部から看護部長を迎えるというケースはないのでは?

 

と考える人もいますよね。

実は、最近では管理職は外部から迎えて
新しい風を入れようとしている病院も数多くあります。

 

決して看護部長職は内部からの選ばれるだけ
ということはないんですよ。

 

看護部長のポスト

 

通常、病院では看護部長のポストは1つです。
その病院の看護職を束ねる看護部長は、
その人の方針によってかなり看護部が変わります。

そのため、外部から看護部長を招へいするときに
幾つかのパターンがあるんです。

 

まずは看護部長職そのものを募集するというケース。
ずばり看護部長のポストに空きが出るために、
外部から看護部長を招へいするというものです。

こちらの場合には基本的には即戦力を求めている
ということが多くなり、他の病院の看護部長を
招へいするという形式が多くなります。

 

そして、今後数年以内に看護部長のポストが空くので、
その候補となる人材を募集するという方法です。

今まで看護部長として働いていたわけではない。
看護師長としての経験はあるものの、
看護部長としてやっていけるかチャレンジしたい。

 

という人は、この看護部長候補として転職をする
という方法がおすすめ
です。

 

看護部長はヘッドハンティングされる?

mcjnhuefuh
 

他の病院で評判がいい看護部長や、
看護師長たちを自分の病院に引き抜きたい。
と考えている病院もあるんですよ。

日々の業務を真面目に行い、他の病院にまで
その評判が行き渡るように勤務している人は、
やはり他の病院から見たらいい人材に映ります。

 

直接的な転職活動ではありませんが、
日々の業務を真面目に行うことで、
他の病院からの引き抜かれるということもある
んです。

真面目に日々業務を行うことは、
この先の自分のキャリア形成にとっては
かなり重要なことになるんですよね。

 

実際に看護部長として他の病院に転職した人の中には、
ヘッドハンティングにて転職したという人も多いんです。
中には自分の部下だった看護師長を後継者にしたい。

ということで他の病院に移った看護部長が
過去の部下を引き抜くということもあるんですよ。

 

人脈も必要

 

このようなヘッドハンティングにて転職をするには、
やはり人脈も必要になりますよね。

実際のところ、
看護職の世界は他の病院間との繋がりもありますよね。

 

転職活動を行う場合でも、人脈を通じて紹介してもらう
ということもとても多く行われています。

看護部長として転職先を見つけるにはこのような
人脈を使うことはとても必要と言われています。

 

ただ、人脈にはあまり自信がない。
けど看護部長として働いてみたい。
という人は転職支援サイトも使ってみるといいですよ。

全ての人が看護部長になれるということはありませんが、
いろいろな相談にものってもらえますので、
利用してみてくださいね。